摂食障害のメカニズム

極端に食事制限をしたり過食して吐く事を繰り返す等、食行動への異常が特徴的な精神疾患に摂食障害となる病気が存在します。
この病気では食事を殆ど受け付けなくなる拒食症や逆に大量に食べてしまう過食症があり、周りの理解と適切な治癒と診断を受ける事が最も大事と言われてます。

摂食障害は身体が極限な栄養の不足に陥ると、血糖値の乱降下がホルモンの分泌量に異変を来たし、結果として食欲のコントロールが出来ない状態となるのですが、低血糖症の症状でもあると判明してるのです。
原因は人様々で、主に思春期に起こる事が多いので精神ストレスや家庭環境その他不安等が引き金となる事も分かってきてて、拒食症や過食症の発症時期は圧倒的に思春期が多いのです。
その為、患者の大半は10代から20代の女性であり、若い世代の女性はモデルの様な完璧なスタイルになりたいという願望が強い傾向にあり太りたくは無い、痩せたいという気持ちから過度なダイエットに走りその反動で拒食症になりがちになります。

逆に職場で、上司から会社の業績を上げろと焦らされたり、過労による過度な食事から過食症に陥る事が多いと言われています。
心の病気ですが、食生活や日常生活を見直すことは治療への一歩とされて他の治療法にはカウンセリングを行い、ストレスに対する考え方や自身を客観的に見つめ直す事等、先ずは自分の置かれてる状況を理解し理由を探らせるのが心理カウンセリングの役割なのです。
又、患者同士の交流により、話し合いを重ねるとお互いの様々な症状チェックが出来たり、心理的な改善を目指す補助療法にもなり1人で悩み思い詰める場合が多いので、対人関係にも悩みを持ち、殻に閉じ篭ってる方が多く居るのです。

そこで、同じ悩みを持ってる患者同士の交流により、気持ちの共有や持病に対する情報交換を行うと視野が広がり他者との考えを受け入れ易くなると言う効果もあります。
最後に、インターネットで摂食障害症状チェックと検索してみましょう。
殆どのサイトには簡単な質問を答えるだけで摂食度の症状チェックの診断をしてくれたり、症状の状態を数値にして分かり易く説明してくれます。
医療機関等の診断の際にも使用されているので信頼性は高いと言われてますのでご自身の病気を客観的に見たり、知るキッカケとなる良い機会だと思います。